組織発足の経緯

スタートは横浜のまちづくりを考える研究会

2010~2011年にBankART1929主催で、横浜のまちづくりを考える誰もが参加できる研究会「これからどうなるヨコハマ」が開催されました。「都市居住」「公共」「観光」など12のテーマのうち、横浜の特徴的な都市資産である「水辺」をテーマに議論するメンバーで「コレヨコ水辺班」という研究班が結成されました。

この研究班は、まず横浜の水辺活用の歴史や現状を調査しました。
河川や運河にアクセスしようとすると、水面へ降りられる桟橋はもちろんのこと、ライフジャケットやボートなど様々な道具が必要であり、それらを保管する艇庫や着替える場所が不可欠です。『運営メンバーや水辺に関心を持つ人が集い、コミュニティーを育成できる拠点施設があれば、もっと水辺に市民の関心が向くのではないか』と考え活動を始めました。メンバー有志で、研究会が終わった後もリサーチを重ね、『拠点の実現』に向け動き出します<当時の活動を、タウンニュースさんが紹介されています。記事はこちら(外部サイトに移動します)>。

 

黄金町の桜桟橋を拠点に本格的な活動を開始

当時、NPO法人「黄金町エリアマネジメントセンター」(中区日ノ出町)が募集していた、市民に開かれた数少ない公共桟橋「川の駅 大岡川桜桟橋」の近くにあった、かつて特殊飲食店として使われていた空き物件のレジデンスプログラムに応募。審査を経て入居が決定し、2012年9月より活動をスタート。様々な属性や趣向の人々が集う"都市の水辺のサードプレイス"になるようにとの願いを込め「水辺荘」と名付けました。


(設立時のコンセプトシート)

同時期に『桟橋利用から地域コミュニティー・テーマ型コミュニティーを形成し、川に賑わいを育成する』とのテーマ設定でアーツ・コミッション・ヨコハマの2012年度 都市文化創造支援助成にも選定されるなど、水辺を親しむための活動を本格化していきました。

活動を開始するにあたって

活動開始直後の発足メンバーの想いについてはこちらをご覧ください。

 

『非営利型の一般社団法人』として、一歩ずつ活動を進めています

桟橋を利用したSUPを中心とする継続的な大岡川やみなとみらいインナーハーバー利用のため、2016年6月一般社団法人化をしました。現在は、理事会を有する非営利型の一般社団法人として運営をしています。2018年5月からは京急電鉄株式会社の高架下活用事業である「Tinys Yokohama」に隣接し艇庫を新設。シャワーやカフェ利用などより多くの参加者が活動しやすい環境が整いました。現在では公共桟橋、空家、高架下という複雑ですが魅力的なスペースを効果的に活用しながら、SUPを中心とした水辺を親しむ活動を行っています。

なぜSUPを使うようになったのか?

現在はSUPを中心に水辺に親しむ活動を行っています。SUPを中心とした活動に至るまでの経緯については、こちらをご覧ください。

 

これまでの活動の一部をご紹介します

投稿日:2019年1月1日 更新日:

Copyright© 【公式】水辺荘 | SUPで楽しむ横浜の街と水辺 , 2019 All Rights Reserved.