よくある質問

みなさまからいただく代表的な質問

みなさまからいただく代表的な質問を紹介します。
初めてSUP(サップ、スタンドアップパドル)する方は分からないことがたくさんあると思います。
ここでその疑問を少しでも解消していただこうと思います。

落水する方はいますか?泳げませんが大丈夫でしょうか?

コンディションにもよりますが参加された方の10%~20%は落水されます。しかしながらボードは十分な浮力がある上、リーシュコードと呼ばれるツールでボードと人をつなぎます。たとえ水に落ちたとしても、少したぐり寄せるだけでボードに手が届きますので安心です。またライフジャケットもつけますので、泳げなくても大丈夫です。湘南や三浦などの海と比べて、みなとみらいは風や波の影響を受けにくく、SUP初心者には適した環境と言えます。

どのような服装で参加すれば良いですか?

「乾きやすい素材」「水を弾きやすい素材」のものを選んでください。
速乾性のあるドライシャツといった化繊生地の服装、マラソンやジムで身に付けるような運動着をイメージいただけると良いかと思います。また、動きやすさも重要なポイントです。落水しても動きを妨げない、濡れた場合も体を冷やさない服装を念頭にご用意ください。
綿素材やデニム素材は避けてください。
綿製品は、濡れると重くなって動きが制限されてしまう上、乾きにくく体温を奪ってしまいます。

季節ごとの服装の目安を記載します。参考にされてください。

<春・秋>4月下旬〜6月、10月~11月中旬
*「ウィンドブレーカー」+「長袖ラッシュガード」
*「ショートパンツ」+「レギンス」

<夏>7月〜10月ころ
「帽子」(忘れずに!)。サングラスもあると便利です。
*「長袖のラッシュガード」
*「水着」+「化繊のスパッツ」
※夏場は、日光と水面の照り返しで、ボードの上はかなり熱くなります。
日焼け予防と熱中症対策の観点で、ラッシュガードやスパッツはとても有効です。
水着を下着代わりに使うと便利で快適です。

<冬>11月〜4月上旬ころ
*「ウエットスーツ」
*「ウィンドブレーカー」
*「ラッシュガード」
※落水の可能性のある初心者の方はウエットスーツが必要です。レンタル用のウェットスーツをご用意しています(レンタル代別途)。
防寒性のあるウエットブーツは各自でご用意ください(無料でお貸しできるのは防寒性のないマリンシューズです)。

雨が降るとレッスンは中止になりますか?

小雨で中止になることはありませんが、本降りの雨、台風が来ている、とても強い風が吹いているなどといった理由でレッスンが中止になる可能性があります(風に影響を受けやすいアクテビティです)。中止になる場合は前日にご連絡します。またレッスン当日の急な天候の変化により、中止になる可能性もありますので、ご了承ください。

一人でも参加できますか?

お一人で参加される方も大勢いらっしゃいますので全く心配ありません。インストラクターとマンツーマンの場合、技量に合った密度の濃いレクチャーを受けられるので非常にお得です。

更衣室や荷物置き場はありますか?

2階に更衣室があります。リバービューの日当たりの良いお部屋です。荷物も保管でき、貴重品ロッカーもございます。

トイレやシャワーはありますか?

トイレはございます。ウエットスーツを着る場合は着替える前にお使いください。シャワーは桟橋前にあるタイニーズのシャワーを300円でご利用いただけます。午後からは、近くの銭湯(利世館辨天湯)が開きますので、横浜の下町の銭湯に行ってみるのも面白いですよ。

年齢制限はありますか?

個人差がありますが、一人で漕ぐには小学4年生くらいからになってしまうと思います。またシニアの方でも日頃コンスタントに運動されている方でしたら60代で初めてチャレンジし漕げるようになる方も多くいらっしゃいます。個人差が大きいため特に年齢制限は設けておりません。判断に迷われる際にはお気軽にお問い合わせください。

近くに駐車場はありますか?

川の対岸にコインパーキングがございます。平日は1000円、休日は1300円上限です。

その他ご質問はお問い合わせはお気軽にどうぞ

投稿日:2019年2月26日 更新日:

Copyright© 【公式】水辺荘 | SUPで楽しむ横浜の街と水辺 , 2019 All Rights Reserved.