なぜSUP?

「インフレータブル式SUPの衝撃」

水辺荘では春夏秋冬、休日平日を問わずSUPツアーや初心者講習を開催しています。
水辺の市民団体のイメージはNPOなどの非営利型の組織とし、ボランティアベースでの川の環境美化活動や子供向けのワークショップ、運河クルーズなど啓蒙的かつ公共性を重視した活動を推進している印象が強いかと思います。ボランティアベースの活動であるために、資金的に自立した運営が難しく、助成金や寄付によって継続されているケースも多いように思います。

まず、水辺荘では、経済的にも自立した運営を保てるよう啓蒙的、公共的な立ち位置より大人が日常的、継続的に水辺を楽しめるプログラムと場を提供することに注力してきました。真に身近な都市の水辺を日常的に楽しんでいるレギュラーメンバーを育成していくことから、子供達やシニア層にも水辺との関わり方を広げてゆくスタンスをとりました。経済的に自立した大人が会費や参加料を払い、常時水辺を楽しめるコミュニティーとは何かを考えました。

そこで我々は中核プログラムとして、2012年に流通し始めた空気で膨らむインフレータブル式のSUP、ボート、カヤックなどに注目しました。70Lほどのリュック程度の大きさにたため、スペースを取らない水上ギアは水辺にイノベーションを起こす気配がありました。

横浜でSUPを始めたきっかけ

特にSUPは、「ボード1枚とパドル1本」のシンプルな艤装で、手軽にあらゆる水辺に出ていくことができます。持ち運びしやすく、1人で組み立て・撤収ができるため、高密な大都市の水辺のアクティビティーとして優れた活躍を予感させました。また、ボードの上に人が立って水上に浮かんでいる奇異な光景は、見慣れた街中の水辺の風景を一変させる力を秘めていました。湘南ではすでに2000年くらいから見かけていたSUPですが、都市の水辺を定期的にSUPで楽しんでいる光景は、2010年ごろから大阪の中之島周辺で出現し始めたと記憶しています。これに近い環境を大きな艇庫を保有することが難しい我々でもインフレータブル式のSUPでなら実現できるように思えました。

早速インフレータブルSUPを4枚調達し、2012年5月に桜桟橋から初めて大岡川に進水させました。数回テストした結果、決して広くはない桟橋と流れの無い大岡川での使い勝手がよく、誰もがすぐに乗れるようになったSUPはこの地に定着してゆくような確信が持てました。

その後各地の都市河川で同様の広がりを見せ始め、今では横浜でもすっかり日常的なアクティビティーとして定着するようになりました。小さなスペースしか確保できない我々が具体的かつ定期的に始められるプログラムとしてはインフレータブル式のSUPを使うことがベストな選択でした。

これからの活動について

このような経緯から現在でも『SUPという優れた水上アクティビティーをコアプログラム』として、『SUPを楽しむことで都市の水辺から様々なスタイルを発信』し、参加者個々人が水辺の環境や都市や働き方、住まい方、健康、コミュニティーに関心を広げる』ことで、テーマを持って親しんでいける「水辺のサードプレイス」型の環境を提供していきたいと思います
水辺荘では環境学習や美化活動をイベント的に開催するのでもなく、また競技のスキルを指導するスポーツクラブという立ち位置でもありません
まずはSUPを介して都市の水辺を体験してもらう機会を日常化し、ハードルの低い多様性のあるカフェ的なサードプレイスを提供してゆくことに注力しています。しばらくは『クラブ的なプライベート感』と『公共性のある開かれた環境』との、バランスを保ちながら運営するべく日々模索しています

2018年には京急電鉄高架下に14feetのボードを保管できる艇庫を新設。本格的にスポーツとしてのSUP活動にも対応できる環境になっております。また、風や波の影響を受けにくい街中の水辺は練習ゲレンデとしても最適ですし、お子様や愛犬とSUPを楽しみたい方や初心者、シニアにも優しい環境となっておりますので是非有効にご活用ください。もちろん、スキルを身につけたその先のプログラムや、水辺と都市の関係を議論し実践していきたい方にも機会を多数ご用意していますのでぜひ一度ご参加ください。

代表理事山崎のインタビュー
"標高0メートルから横浜のまちを眺める水上の旅 「SUPから見た景色は毎秒変化する」"
も併せてご覧ください。(外部サイトへ移動します)

投稿日:2019年1月1日 更新日:

Copyright© 【公式】水辺荘 | SUPで楽しむ横浜の街と水辺 , 2019 All Rights Reserved.